最近話題の家族葬メリットを分かりやすく解説

男性

少ない費用でできる

東成区で家族葬を頼む人が急増中です。費用が少なくて済む事や家族だけで最後の時間を過ごせるなどの理由があります。最後は家族だけで過ごしたいという人が増えており、家族葬ならその願いを叶える事ができます。

小規模なお葬式の概要

料金が割安なうえに、一日で葬儀を終えることができるので、東成区内では直葬や一日葬のプランが評判です。お通夜と告別式がセットになった家族葬は、予算に合わせてオプションを追加したり、祭壇のグレードを高めることも可能です。

丁寧な対応

生野区の葬儀場も家族葬を行う方が増えているため、特化した設備やプランを用いる業者が増えてきています。妥協する事なく決めるために、落ち着いている時に見積もりや無料相談などを利用して決める事が大事なポイントです。

死んだ家族との別れ

花

家族の慈しみに満ちた時間

身内が亡くなった場合、死亡診断書が書かれた段階で葬儀社に連絡します。昨今は高齢者の葬儀を家族葬で執り行うことが増えています。家族葬は最も小さな単位のお葬式です。兄弟や友人の年齢も高くなっていることへの配慮もあってです。身内のみで行うのが一般的なので、他人への余計な気使いをすることもありません。そのため、肉親の死を悼むことに徹することができます。たくさんの人が集まるわけではないので、祭壇も大きくする必要もなく、故人らしいものを家族が選べばいいのです。派手な飾りつけより、心をこめた死者への追悼の時間を重視しているといえます。昨今では、亡くなってから火葬までの時間が3−4日かかるので、通夜と納棺、出棺、葬儀(告別式)までの時間もゆっくり家で過ごすこともできます。ただし自宅にご遺体を安置できないような場合は葬儀社に預かってもらうこともできます。仏教の場合はお坊さんの対応は葬儀社から連絡はしてもらえますが、基本的には別で、故人の所属する宗派のお坊さんに、いつどこでお経をあげてもらうかの予定を調整します。キリスト教の場合は、教会で執り行うので、その心配はないです。家族葬の場合は、後日遠い親戚や親しい知人友人などにお知らせします。喪中はがきで知らせる場合もあります。葬儀のあと、お参りに来宅される可能性もあります。お香典やお供えも遠慮する場合は多いですが、もらった場合は、四十九日以降でお返しをするという習慣は家族葬であっても同じです。